戸建ての場合は耐震リフォームがおすすめ

戸建ての場合は耐震リフォームがおすすめ

戸建て住宅にお住いの方は、老朽化に伴いリフォームをすることは普通のことですが、劣化をしている箇所だけをリフォームするだけではなく、耐震性を強化することも重要になります。
RC造の場合は丈夫な住宅として生活を送ることができますが、戸建て住宅の多くは木造になるので古い時代に建てられた住宅であれば耐震リフォームは非常におすすめできます。
施工内容は依頼先の会社によって違いがあることと、住宅の築年数や構造による違いもあります。
木造住宅の場合は木材の組み合わせで作られているものなので、接合箇所に対して頑丈な金属製部品で固定する方法は一般的に採用されている工法です。
これだけでも強化することに成功できますが、壁の内部にも強化できる方法もあり、同時に施工することで地震対策は高いレベルで行えます。
壁の内部の場合は外壁を一時的に取り外す方法ではなく、屋内側の壁材を撤去した上で頑丈な金属製の筋交いを設置したり屋根裏と同じように金属金具で木材同士を固定する工法で十分なリフォームを済ませられます。

リフォームでメンテナンスや保証などのアフターフォローは重要

"

リフォームは、工事が完了したらそれで終了ではありません。
工事をした箇所から不具合が起きたり設置した設備が故障することはありますし、使い続けていると劣化してしまうこともあるでしょう。
ですからリフォームでは、工事後のメンテナンスも重要なポイントです。
工事完了後に定期的なチェックをしておけば、劣化の兆候が見られた時点で補修ができるので被害が広がる前に対処ができます。
不具合や故障も未然に防ぐことができるので、トラブルを抑え込むことができるでしょう。
リフォームは完了後も重要なポイントなので、メンテナンスなどアフターフォローの体制が整っている会社を選ばなければいけません。
またリフォーム後すぐに不具合や故障が起きたときのために、保証の体制も重要なポイントです。
保証制度がしっかり整えられている会社なら、無償で交換や修理をしてくれます。
アフターフォローは軽視しがちな部分ですが、失敗しないためにはしっかりと考えておきましょう。

"

著者:高村良作

筆者プロフィール

山口県山口市出身。
趣味で始めたDIYの腕を活かして自宅をフルリフォーム!自身の体験をもとにリフォームに関するコラムを執筆中